つまりをお湯で解消

突然のトイレつまり、慌ててしまうものですね。用を足して水を流しても流れていかず便器の上部にまで水かさが増し、溢れるのではないかという恐怖の経験をした人も多いのではないでしょうか。

こういう時、失敗しがちなのがどんどん水を流し続けてしまうことです。つまっているのですから、ただダラダラと水を流すだけではつまりを解決することはできません。

トイレつまりを解消させる方法として一般的なのは、ゴム製のラバーカップを使うことでしょう。でも手元にラバーカップがない場合、買いにも行けない状態に試してほしい方法をご紹介します。

その方法とは、お湯を使うというものです。
トイレつまりのほとんどは、トイレットペーパーや排出物が詰まってしまいスムーズに流れなくなったことが原因です。トイレットペーパーも排出物もふやければバラバラになるものですから、お湯を使ってふやかし、ゆるめてやるのです。

ただし、お湯といっても熱湯はいけません。何となく熱い温度の方が効果がありそうだと思うかもしれませんが、最悪便器が割れてしまう事もあるので、40度程度のぬるま湯にしましょう。

便器のお湯を注ぎ、すぐに流すのではなく1時間程放置します。その後、いきなりハンドルを回して流さずに、少しずつ水を流して流れていくのを確認してからハンドルを回しましょう。しっかりふやけていればつまりもスッキリ解消するはずです。

ただし、このお湯を使う方法もつまりの原因が他にある場合は注意が必要です。つまっているのがトイレットペーパーや排出物ではなく、おもちゃやボールペンなどの固形物だった場合、これは素人では取ることができませんから専門の業者に依頼しましょう。