トイレつまりを解消に必要なものは?

トイレの小便器や大便器では、何かしらの原因によって水が流れなくなる場合があります。そのような時、トイレつまりの原因として考えられるのは、水に溶けない物など流してはいけない物を流してしまうなどの誤った使い方をしてしまうケースです。

トイレ用で使われているトイレットペーパーは、水に溶けやすい材質ですが、それ以外のものでは、例え紙類であっても水に溶けにくい場合があり、うまく水が流れずにトイレつまりが発生してしまいます。

その他には、物を落としたことに気づかずに水を流してしまい、つまりが発生するというケースも多いです。この場合には、ペーパーや物が配管の通り道を塞いでしまっていることがつまり発生の原因となります。

では、この様なつまりが起こってしまった場合、それを解消するためにはどのような方法があるでしょうか。

誰でも簡単にできる方法で、ラバーカップなどを使用する方法があります。これは、圧をかけて水を押し出したりして、つまっている物やペーパーを押し出し流す方法です。この方法は、トイレのつまり解消だけでなく、小便器や洗面台のつまりに対しても効果があります。

ラバーカップを使った方法で改善しない場合には、ワイヤーを便器の排水口から通して、異物を取り除く解消方法があります。この方法であれば、圧力をかける方法とは違い物理的な方法であるため、より直接的につまりの原因を解消しやすくなります。

しかし、それでもつまりが解消しない場合には、床下に通っている排水管に原因が考えられるため便器を取り外す必要があります。また、専用の道具が必要となるため、そのようなケースでは専門の業者へ依頼するということになるでしょう。