トイレタンクからの水漏れの原因と修理方法

トイタンクからの水漏れの原因としては、パッキンの劣化や破損、タンクとパイプの連結部分のゆるみなどがあります。

トイタンクの水漏れを修理する際には、止水栓を閉めてから作業を行わなければ、水が噴出して家財などを濡らしてしまう可能性がありますので、まず最初に止水栓を閉めます。(止水栓は、マイナスドライバーで閉めることができます。)

トイタンクの水漏れの場合は、まずタンクとパイプの連結部分を確認します。ナットの緩みから水漏れが起きている場合は、ナットを締めるだけで修理ができます。パッキンはホームセンターなどにある汎用パッキンなどで代用することが可能な場合もあります。

タンク内部が原因の場合は、浮き玉や浮きゴム、オーバーフロー管などが機能していないことがあります。多いのは、浮きゴムが外れている場合です。その場合は、しっかりとはめなおすことで、解決出来る場合があります。しっかりとはめなおしても直らない場合には、パッキンの劣化が考えられるため、パッキンの交換を行います。

ナットを締めたり、パッキン交換を行っても水漏れが直らない場合には、パイプそのものが損傷している可能性があります。その場合には、専門業者に依頼することになります。また、タンク内であってもいじっているうちにパーツを傷めてしまい余計に壊してしまうこともあります。そのため、簡単な対応で改善できない場合には、専門業者に依頼したほうが早く解決できるでしょう。