トイレつまり 業者の作業料金の相場は?

トイレつまりは、トイレットペーパーを大量に流した時に便とトイレットペーパーが共に詰まってしまうという軽い症状のものから、本来は水で溶けないティッシュペーパーや芯を流したり、固形物を落としたときなどに起こる重度なつまりもあります。

水で溶けるものなら、数時間放置していると、水でふやけて流すことができるようになることもありますが、トイレットペーパーの芯などは溶けることがないため、時間が経ってもそのままの状態では解決はしません。

自分でトイレつまりを解消するにはラバーカップを使用しますが、固形物のつまりの場合はそれでも解決しないことも多く、最終的に業者に来てもらうことになるケースが多いようです。

業者に支払う料金については、基本的にはホームページなどに書かれている金額は基本料金となっており、実際には出張での作業費用など工賃が別途請求されることがほとんどです。また、トイレつまりは技術を売る作業となるので、ある程度の相場はあるものの、金額は業者によって異なってきます。

作業としては、まずスプリングワイヤーやローポンプなどを使用して、詰まりの原因を動かして解消します。ローポンプなどはラバーカップよりも大きな圧力を出せるので、よほど酷い詰まりでない限りはこれで解消できるでしょう。

料金は基本料と合わせて約10,000~15,000円ほどになります。これでも解決しない場合は、便器を取り外して内部に詰まったものを物理的に取り除く作業となり、基本料金を合わせて20,000~30,000円ほどが相場となります。

数字だけ見ると高いような気がするかもしれませんが、汚物の詰まった便器を触るなど汚れ仕事をして貰えるのですから、妥当な金額かとも考えられます。また汚水が溢れて部屋を汚したり、階下の人に迷惑をかけるよりは、他の部分を汚さずに作業してもらえるという点でも、専門の方に作業料金を支払う方が得策と言えるかもしれません。