トイレつまりの原因について

日本では昭和の前半くらいまでは汲み取り式のトイレが主流でしたが、昭和の後半辺りから水洗トイレが普及し始めました。そして、現在においては、一般の住宅のトイレのほとんどが水洗トイレになっています。そのため、トイレ事情はかなり便利になって来たということが窺えます。

しかし、水洗トイレはつまってしまうことがあるのが難点です。そのようなトラブルが起こってしまったら、まず最初にトイレつまりの原因を究明することがトラブル解消、そしてトラブル予防の役に立ちます。トイレつまりの原因を探り当てることで、できるだけトイレつまりを防止することができるようになるためです。

トイレがつまる原因として特に多いのは、水に溶けない紙を流したという例です。トイレットペーパーは通常のティッシュペーパーと異なり、水に溶ける素材が使用されています。しかしティッシュペーパーは水に溶けないものがほとんどです。そのため、ティッシュペーパーを水洗トイレに流してしまうことで、トイレつまりが起きてしまいます。見た目は似ているため、つい流してしまいがちですが、意識して注意することが大切です。

この他に、ガムなどを水洗トイレに流す人がいて、そういったことが原因になってトイレつまりが起こるということがよくあります。水洗トイレには流していいものと、流してはいけないものがあるということをしっかりと理解して行動することが大切です。うっかり者を落としてしまったという場合は仕方ありませんが、通常のゴミは水洗トイレに流すのではなく、ゴミ箱に捨てるようにしましょう。そうすることでトイレつまりを防ぐことができます。