トイレつまりの直し方

トイレがつまってしまうと困るのは当たり前です。業者を呼べば解決できますがお金がかかってしまいますので、自分で出来るつまりの直し方を知っておくと便利です。

トイレのつまりは、本来流してはいけないものを流したときに起こる可能性が高いですが、普段通りに用を足したときも起きる可能性はあります。

こんな時の治し方は、ラバーカップを使うのが有効的です。やり方は、ゆっくりと排水口に押し、勢いよく引き抜くだけです。何回か繰り返して、水が流れれば大成功です。ただし、異物が原因の時は、流すのではなく取り除くようにして下さい。ラバーカップでも治らない場合には、やはり業者に頼むのが良いかもしれません。

もう一つは、ワイヤーブラシを使う直し方です。やり方は、トイレの排水口にワイヤーを螺旋を描くようにねじ込んでいきます。基本的に市販用のワイヤーブラシは、強度の問題もあり2~3m先までのつまりを解消する方法なので、それ以上は業者に頼んだ方が賢明です。

トイレが詰まる原因として、水量が少ないことも挙げられます。節水などをしていると水量が少なく、本来流すのに必要な水流が得られなくなり、それが原因で詰まってしまう事があります。

節水は水道代の節約にはなりますが、詰まってしまうというデメリットもある事を理解しておくことが必要です。自分で出来るつまりの直し方を知っておくのも大切ですが、流してはいけないものを流さないようにすることが一番大切です。