トイレのつまり 間違った対処法について

トイレがつまってしまうと、パニック状態になってすぐに直そうとあれこれするものですが、それによってかえってトイレつまりを悪化させてしまうことも多いのです。

そのような更なるトラブルを生まないためには、まずトイレつまりの原因を見極めることが大切です。
通常の使用で流すものがつまってしまった場合は対処法はありますが、もし携帯電話やおもちゃなどの固形物を流してしまった心当たりがあるときは、すみやかに水道屋さんに修理を依頼することです。
なぜなら、間違った対処法によってよけいに悪化を招くことがあるからです。

排泄物やトイレットペーパー、トイレ用ペーパークリーナーなど、普通の使用によって流すもののつまりであれば、しばらくそのままの状態にしておけば直ることがあります。それはこれらが水に溶けるものであるため、時間の経過によってトイレつまりが解消されるのです。

ですが、水に溶けるトイレットペーパーなどであっても、あまりに大量であればトイレをつまらせることになるので注意しなくてはいけません。しばらく待って流れなければ、ラバーカップなどを使用してみるのもよいでしょう。

またトイレつまりの対処法として重曹を用いる方法がよくいわれますが、これはあくまで予防法としての少量ずつの使用が望ましいです。トイレがつまってしまったあとで使用しても意味がないどころか、便器の底に大量にカチカチに固まってしまうこともありえますし、これではよけいにトイレつまりを招いてしまいます。

いったんつまってしまった場合は、市販の薬品のほうが効果があることもありますので、あくまで適宜適量を守って使用されることがポイントだと言えるでしょう。