トイレの床からの水漏れ 原因と対処法

水廻りは何かとトラブルが起きやすい場所ですが、特にトイレは利用できなくなると困る場所ですので、早めに改善しておきたいですね。

トイレのトラブルには、水が流れなくなるなどの詰まりのトラブルも多いですが、水漏れもまた非常に多いトラブルのひとつと言えます。原因としては様々なものがありますが、いずれの場合も素早い対応が大切です。まずはしっかりと原因を突き止めておきましょう。

水漏れはトイレの様々な部位から起こりますが、床が濡れているというような水漏れのケースでも、いろいろな原因が考えられます。
床が濡れてしまう原因としては、まず便器やタンクにヒビが入っていることがあげられます。さらに便器とタンクの配管部分に接続の不具合が起きていることも考えられます。また洗浄機能つきのトイレの場合は劣化から本体やタンクから水漏れを起してしまっている可能性もあります。

この他で床が濡れている場合は、吸水パイプが破損していることも考えられます。いずれの場合も原因を突き止めるためには便器を外すなどして確認する必要がありますので、素人で判断することは難しくなってしまいます。

部品の交換だけで済むこともありますが、時には便器ごと交換しなくてはいけなくなる場合もありますので、早めに専門の業者に相談すると安心です。

水漏れを長く放置していると水の漏れが床を傷めてしまうことにつながり、さらに工事に多くの費用ガ発生することとなってしまう可能性もありますので、専門の業者に来てもらうことが決まった場合でも、床の水漏れを止めるためには、まずは止水栓を止めておくなどの応急処置を行っておきましょう。