トイレのパイプからの水漏れについて

トイレの水漏れトラブルは、様々な場所から起きてしまう可能性があります。
そしてその中には、トイレのパイプから水漏れが発生する現象も多々見られます。

トイレのパイプとして該当する場所は水道管から給水管へとつながる部分や、給水管と水洗タンクの接合部分などを挙げられますが、水洗タンクと便器との間にもパイプを見ることができます。

大きく分けると2種類の水漏れを想定することができ、1つは接合部分から発生するタイプです。ネジ式のように配管を回して接合していることが多いのですが、場所によってはパッキンが設定されていて、パッキンの劣化によって引き起こされる可能性もあります。

このケースではパッキンを交換すると直る可能性がありますが、パッキンではないパイプの場合ではシールテープが巻き付けられている場合も多いです。このケースでは古くなったシールテープを全て綺麗に取り除いて、ネジの部分を洗浄した後に、新しくシールテープを巻き付けて接合させる方法で解決できる可能性があります。

もう1つはトイレのパイプそのものに穴が開いてしまった場合です。このケースではごく小さな穴であれば、吸着テープなどを用いて補修を行うことも可能になり、溶接を施す方法もありますが、あまりに古くなったパイプの場合では新品に交換して修理を行う方法がメインになります。

パイプの交換を行うためには、ある程度専門的な知識や道具が必要となることもありますので、交換方法についてよくわからないというような場合は、専門店のプロの技術者に依頼をすることで、水漏れを速やかに解決してもらうことができるでしょう。