トイレつまり ラバーカップの正しい使い方

家の中の設備で、毎日必ず使用するのがトイレをはじめとする水廻りの設備です。
古い家やアパートに住んでいると、トイレなどの水廻りの設備が劣化していたり、トイレつまりなどのトラブルを起こしてしまうことがあります。
トイレつまりが起こってしまうと、そのままではトイレを使用することができないため、早急に解決する必要があります。

トイレのつまりを起こす原因としては、トイレットペーパーの塊や異物が排水管に詰まってしまうことが挙げられます。軽度なつまりであれば、何度も水を流すことで解消する場合もありますが、頑固なつまりの場合は水を流すと便器から溢れだしてしまうこともあります。

こうしたつまりを解消する方法として、ラバーカップを使用した解消法があります。どこのご家庭でもご存知の方も多いのではないでしょうか。

ラバーカップは吸盤の力によって、排水管の中に詰まった異物を吸引することができるものです。ラバーカップをより効果的に使用する方法としては、排水管の出来るだけ奥の方まで突っ込み、激しく出し入れするのがコツです。ただ、この方法では便器の水が周囲に飛び散ってしまうため、トイレの壁や床をビニールなどで多い、周囲を汚さないようにしておくことをおすすめします。

それでも症状が改善されない場合には、やはりトイレつまりなどを専門に扱う業者を利用するのがおすすめです。最近は電話一本ですぐに駆けつけてくれる業者も多く、また深夜や早朝でも修理に対応しているところもあるので、自分では解決できないと思ったら、出来るだけ早く相談された方が解決が早くなるでしょう。