トイレの止水栓からの水漏れについて

トイレの水漏れの修理は、まずいちばんに止水栓を止めてから取り掛からなくてはなりません。とりあえず水漏れをとめてから、原因を探ったり修理をするのです。
ですがもし、その止水栓から水漏れがしている場合は、どうしたらいいのでしょうか。

とりあえず下にぞうきんやバケツを置いておいて漏れた水を受け止めてしのぐという手もあります。しばらくなら水道代もたかがしれていますし、そのあいだに業者の都合をつけておくとよいでしょう。

ところでトイレの止水栓の水漏れ修理は、実は素人でも意外と簡単に行うことが可能です。
止水栓にはいくつかのタイプがありますが、いずれのタイプでも中にパッキンがはまっていることに違いはありません。このパッキンの劣化によって水漏れはおこることが多いのです。

ナットのゆるみがあればそれを締めることで水漏れは治まります。
そうでなければパッキンを交換することになります。
その手順は、まず止水栓を閉めてから、パッキン押さえを工具ではずします。
そしてパッキンを新しいものと交換してから、また元通りに閉めるだけです。

工具は家にあるものが使用できるかもしれませんが、そうでない場合でも、工具とパッキンはホームセンターで購入することが可能です。パッキンは非常に安価ですし、自分でインターネットなどで調べて修理できれば、業者に依頼するよりとても安上がりなのは確かです。

トイレの水漏れトラブルの際、できるだけ費用を抑えたいと考えるなら、業者に依頼する前に自分で修理できないか調べてみるのもひとつの方法だといえるでしょう。