洋式トイレのつまりについて

トイレの大便器には、洋式トイレと和式トイレがあります。和式トイレは、足や腰に対して負担がかかりますが、座ることができる洋式トイレでは、その様な負担が軽減されます。

現在は洋式トイレが主流となっていますが、和式トイレ同様につまりが起きてしまう場合があります。つまりを予防するためには、使用後に流す水の量を多めにしておくことや、まとめて一度に流すのではなく何回かに分けて流すことです。

水の量を多めにしておけば、完全に流しきることができます。ペーパーをたくさん使う場合は、水の量を多くしていても、排水口や排水管の途中でつまってしまいますが、ある程度のペーパー量で流すなど、複数回にわけて流すようにすれば、つまりが起きる可能性は格段に少なくなります。

もしつまってしまった場合は、しばらく待ってみると流れていく可能性があります。これは、水中に止まっているペーパーが時間と共に溶けていき、つまりが改善することがあるためです。

それでも改善できない場合は、専用の道具が必要となります。つまり用の道具には、ワイヤーやラバーカップなどがありますが、いずれも排水管につまった異物を取り除くための道具です。これらの道具を使用することよって、余程のことがない限りは通水させることが可能です。

どうしても通水しない場合は最終的な手段として、専門の修理業者への依頼が必要となります。専門業者であれば、確実に安全に修理してもらうことができます。