節水トイレがつまったら?

節約のために、トイレ使用時に流す水を節水する場合は、つまりの原因となる可能性があるため注意が必要となります。

大便器の場合は小便器とは違い、ある程度の水量が必要となります。これを節水のために最低限必要な量より減らしてしまうと、流れきらない場合や一見流れたように見えても配管内で止まっている場合があります。そして、次回の使用時につまりが発生する可能性があります。

そのため、つまりを予防するためには、ある程度の水量で調整しておく必要があります。最近では、節水トイレがあります。これは、少なめの水量でも水流を工夫することによって、少量の水でもつまりが発生することなく、使用することができるというもので、安心で安全に節水効果を得ることが可能です。

しかし、節水トイレであっても絶対につまりが起きないというわけではありません。ペーパーを必要以上に使って流したり、異物を流してしまったりした場合など、使い方を誤ればやはりつまりが発生してしまう可能性があります。

この様な場合の節水トイレのつまりの改善には、通常のトイレでつまってしまった場合と同様の方法で改善することが可能で、水に対して圧をかけるラバーカップを使った方法や、ワイヤーを通し異物を取り除く方法が非常に有効です。

節水トイレでは水量を調整することが可能な場合もありますが、いくら流れやすいように水流が工夫されているからといっても、水量をあまり少なくしてしまうとやはり流れにくくなってしまいますので、水量を調整できるからといって極端に少なくなりすぎないよう注意する必要があると言えるでしょう。