自分でできる?トイレの水漏れ修理

トイレの水漏れは色々な場所から漏れる可能性があり、簡単に修理できるものから大がかりなものまで、実に様々な原因があります。

水が漏れているのが分かった時は、慌てずに水漏れの原因や場所の特定をして、それから止水栓などで水を止めるようにします。自分でできる簡単な修理として、給水管などの接合部分のナットの締め直しや、その中のパッキンの交換があります。
交換するパッキンはホームセンターなどで売っているので、取り外したパッキンを持って行けば迷わずに購入できます。

次にトイレタンク内部の浮き球と呼ばれるボールタップや底部のゴムフロートで、動作が鈍くなっているだけなら触るだけで直りますし、交換用パーツがパッキン同様に販売されているので、購入して交換すれば直ります。

トイレタンク内部の縦に伸びたオーバーフロー管が折れている場合は、接合しなおせば直りますが、その方法は難しいので業者にお願いする必要があります。便器にヒビが入っていて、そこから水が漏れているのなら、ヒビの部分にエポキシ接着剤などで、隙間を埋めることで水漏れは止まります。

便器と床の隙間から水が溢れてくるという場合は、便器と排水管を接続している部分のフランジパテが劣化しているので、便器を外してから修理を行う必要があります。これは素人が出来る範囲を超えているため、業者にお願いするのが確実です。

簡単な対応としてはナットの締め直しとパッキン交換で、パーツ交換も慣れた人であれば可能です。水漏れの原因の特定ができないという場合には、無理に自分で修理しようとすると、かえって壊してしまう可能性もあるため、プロの方にお願いすることも考えましょう。