トイレの水が流れない 解決方法は?

自宅のトイレを使っていて、水が流れなくて困ったことはありませんか。何回もレバーを回してしまうと水が溢れてしまう可能性もあるので、すぐに対処しなければなりません。

そんな時、まず見なければならない場所はタンクの中です。本来溜まってなければならない水位線まで水が溜まっているかを確認する必要があります。この線より下回っていた場合は排水弁がうまくハマっていないか、パッキンなどが破損している可能性があるので、ふたがしっかり閉まっているかを見てみて下さい。

トイレの水漏れ パッキン交換

トイレタンクからの水漏れはさまざまな部分から起こりますが、特に水漏れの多い部分がトイレタンクと排水管をつなぐところです。配管の径が多いことから水漏れの起こりやすいところですが、長い期間パッキンを使うことでパッキンが小さくなって締め付けた部分にスキマができることから漏れるのです。このような場合はパッキンを新しいものに交換することでトイレタンクの水漏れは直ります。

パッキン交換の手順ですが、まずは止水栓を閉めてからレバーを開いてタンクの水を流し、タンクの中を空っぽにしましょう。タンク側と便器側の2箇所に接続された配管をはずしましょう。そしてパッキンを交換し、もう一度配管を接続するのです。

このとき配管と配管をまっすぐにつなぐようにしましょう。そうではないときつくナットを締めることができず水漏れの原因となってしまいます。
配管を元に戻しナットがしっかり締められているか確認したらタンクに水を溜めて水を流してみます。もし水漏れがあればもう一度ナットを締めてみる必要があります。

ポイントは配管と配管をまっすぐにすることです。それがうまくできればあとは手順どおりにすればよいだけなので素人でもできる作業です。

トイレは使えないとこまる場所です。もしも水漏れが見つかったらあわてなくても止水栓を閉めさえすればそれ以上被害が拡大することはありません。落ち着いて原因を調べ、自分でできる簡単なものであればやってみましょう。

その他の水漏れ原因

その他では水位を調整する浮き球が破損している事もあるので、トイレが流れない場合には始めにタンクの中を見れば50%の確率で解決すると言われています。水が水位線まであっても流れない場合は便器自体が詰まっている可能性があります。

ラバーカップを使って詰まりを取る事で流れが良くなるかもしれないので、ラバーカップは常備しておく事をおすすめします。それでも流れない時は使用しているメーカーのお客様相談室に問い合わせてみて下さい。

保証期間内なら無償で修理をしてくれる場合もありますが、それ以外は自費での修理になるので、まずは問い合わせをして自分で出来る事からしていきましょう。

破損してしまった部品はホームセンターで購入できるものもあるので、業者に依頼するよりは安く上がると思います。最新のトイレでは水を溜めるタンクがないタンクレスのトイレもあるので、その場合も使っているメーカーにすぐに問い合わせてみましょう。