TOTOのトイレが水漏れしたら

家電製品は、修理部品を7年くらいしか保存期間を持たないようですが、トイレの修理部品は修理場所にもよりますが、結構長くあります。ですから、TOTOの水洗トイレの水漏れが起こったら、一般的な水漏れ修理業者に修理を依頼するのも良いのですが、まずはメーカーのTOTOに連絡をすることです。

TOTOの修理専門の技術者ができるだけ早くに駆けつけて、故障場所の特定などをしてくれますが、出張費の請求はありません。その場で直せるものは直してくれますし、部品が必要であれば必要な見積もりをしてくれます。その上で、修理をするか、トイレを新しい物に取り替えるか決められます。

また水漏れの程度がそれほど酷くなく、新しいものに取り替えるまでの時間が多少はあるのであれば、専門の技術者が持っているパンフレットなどで新しい商品の紹介もしてくれます。

更に、近くにあるTOTOのショップに持って行くと粗品をくれる紹介状をもらえる場合もあります。TOTOのショップでは、いろいろな新しい製品を実際に見たり、触ったりすることも出来ますし、もっと詳しい商品情報等も教えてくれます。

またTOTOのショップでは、詳しく紹介してくれた商品の見積もりを出してくれますが、そこで実際の工事を頼むのではなく、見積もりと工事業者の一覧表を渡してくれます。
その工事業者の中から自分で業者を選んで依頼するのですが、その時それぞれの値引きなどの条件が違うので、納得のいく業者を選ぶことが出来るのです。